さて今週は370・・・ゆめさぽより

続けざまに襲ってきた台風も一旦は鳴りを潜め、日ごとに秋めいてきました。

秋といえば様々な秋が連想出来ますが、今回皆様に声を大にしてお伝えしたい秋があります。

 

その秋とは…、ゆめネットの芸術の秋です。

 

近年、フランス語でアール・ブリュット(生(なま・き)の芸術)、英語でアウトサイダーアートという言葉を耳にしたことはありませんか?特に芸術の伝統的な訓練を受けず、既成の芸術の流派や傾向にとらわれることなく自然に表現した作品の事を指します。

…等と、難しい説明はサラッと流します。

 

ゆめネットも細々とではありますが、月に1回2時間ほど、アートクラブとして創作活動をおこなっています。

そのチーム名が表題にもあります、『Art-motto』です。皆様、「アートモット」と呼びがちですが、

あっと驚く世界観をもっとたくさんの人に伝えたい、知ってもらいたい!

アートの可能性をもっとたくさん見つけ、皆が活き活きとできる活動でありたい!~

という意味を込めておりますので、敢えてここは「あっともっと」と呼ばせてください(笑)

 

これまでに、数回障がい者芸術作品展の公募展に出展しました。そして今回、全国障害者芸術・文化祭あいち大会のパートナーシップ事業である『第9回ふれあいアート展』にて、『Art-motto』名誉会員である(勝手に呼ばせてもらってます)大野靖貴さんが、見事名古屋市長賞を受賞しました!(受賞作品名『虹色水晶の森』)

残念ながら、他5名のメンバーは選外となりましたが、メンバーそれぞれの作品には魅力もあり、見る人によって得られる評価も異なると思います。

それが芸術の面白いところであり、素晴らしいところでもあります。

 

自分は将来、アール・ブリュットもアウトサイダーアートという言葉も無くなると思っています。

芸術とは障害も健常も分け隔てなく、この世に生を受けた万人に与えられた自己表現の最たる手段ですから…。

 

『Art-motto』メンバーの作品がご覧になりたい方は、是非ふれあいアート展の会場まで足をお運びください。パワーあふれる作品たちに皆様きっと圧倒されると思います(^.^)

 

『第9回ふれあいアート展』

開催期間:2016年10/4(火)~10/9(日)

場所:電気文化会館 東ギャラリー 10:00~18:00(最終日17:00)

アクセス:・地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅4番出口より徒歩2分

・市バス(名古屋駅から)ミッドランドスクエア前「名古屋駅6番のりば」より

循環バス「栄758」利用。「広小路伏見」下車徒歩1分

 

 

norisanhamakawasann

%e5%b1%95%e7%a4%ba%e5%85%a8%e6%99%af

※昨年の中川区展覧会の様子

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:ゆめさぽ,イベント2016/09/26

ページトップへ